うつ病の原因はストレス!症状を緩和させる方法とは

お医者さんに相談したら心が軽くなった
待合室

治療に必要な費用

うつ病の治療費は薬の値段によって左右されることがありますが、どんな薬が投与されるかは患者の症状により異なります。症状によっては入院が必要となる場合もあり、その際には入院基本料の他に点滴等の費用を負担することになるでしょう。

レディ

心も身体も蝕む病

ストレス社会において、うつ病は誰もが患者となりうる病の一つです。うつ病の症状は、心だけでなく睡眠の異常や性欲の低下など身体にも現れます。日頃からストレスを発散し、兆候があったらすぐに専門医にかかることが大切です。

ストレスを緩和する

ウーマン

対処方法を考える

人にはそれぞれの性格があります。これによって同じ物事でも人によって考え方が異なってきます。このことにより精神的にまいってしまう人がいます。精神的な症状としてうつ病といわれる現象があります。このうつ病になりやすい人はまじめで責任感が強い人に多いようです。このような人は自分の許容量を超えて頑張ってしまうので精神的にストレスがたまりやすいです。しかし性格は簡単に変わるものでもありません。一つ重要な考え方としてはすべての事に優先順位をつけて気楽に取り組むようにすることでストレスが緩和します。うつ病の症状としてやる気がどうしても出ないという症状があります。最近の研究ではうつ病の原因は脳の神経細胞における情報の伝わり方に異変が生じていることで、症状がでるということが報告されています。うつ病を治療しないで放置しておくと悪化していきます。自然に時間が解決するものでもないです。比較的にですが男性より女性の方がうつ病になりやすいです。生涯に一度はうつ病になるひとは15人に1人はなります。そのうちの4人に3人は医師の受診をしないようです。今ではインターネットで症状のチェックも行うことができますので、精神科の病院や心療内科に受診することをすすめられています。症状の初期では睡眠不足、便秘、フラフラするということがあります。これからさらにひどくなると動きがゆっくりになる、むなしい感じがするということがあります。疎外感や一人ぼっちになる感覚といってもよいでしょう。症状の治療としては十分な休養と薬による治療です。十分な休養は、うつ病になりやすい人の特徴の頑張りすぎる性格が邪魔をします。休むことがダメなことと考えるので休まりません。リフレッシュする気持ちで家でゆっくりしておきましょう。薬による治療は抗うつ薬というものが処方されます。抗うつ薬にも種類がたくさんあり先生から正しい薬を処方してもらい治療します。薬によって脳の神経細胞の伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが増えるように働きます。これにより心と体の活力が伝達できるようになります。

先生

理解しておきたい特徴

うつ病はその症状によって大きく三分され、大うつ病、双極性障害、そして新型うつ病が存在します。それぞれ特徴は異なりますが、十分な休養と精神科の専門医にによる薬物療法によって予防・治療ができる点は共通点です。

ハート

人が変わることもある

うつ病の症状にはいろいろあるので、周囲が気づいて初めてうつ病だと分かることもあります。人が変わったようになってしまうこともあるので、身近な人はよく観察してみましょう。本人は気づけないため、周りが病院へ連れて行ってあげるといいかもしれません。

カウンセリング

まずは情報を集める

緊張や不安などの症状は、意外にもうつ病のサインとは気付きにくいもので、うつ病の患者にとっては、病院選びに難が生じます。不安性を緩和できる探し方にポイントがあり、見聞きしたことが不安な症状を和らげられるのか、こうした点にこだわるのも大事です。