うつ病の原因はストレス!症状を緩和させる方法とは

先生

治療に必要な費用

待合室

支援制度もある

うつ病で病院に通い始めてから治療が終わるまで早い人であれば2〜3か月くらいで済みますが、平均すれば半年くらいかかると言われています。中には症状が治まるまで数年かかるケースもあり、治療が長引けばそれだけ費用面での心配もしなくてはなりません。最初の診察での費用は初診料や通院精神療法料などを合わせて1万円程度が相場とされていますが、健康保険を使えば自己負担分の3割で済むので、3千円程度となるでしょう。再診料は初診料より幾分低いため、2回目以降の負担は軽くなるはずですが、それでもうつ病の治療には半月に1回程度の通院が必要となります。ただ実際に支払うことになる金額は、治療費の中に含まれる投薬料の額によって多少なりとも差が生じてくるようです。これは個々の患者の症状によって投与される薬が違ってくるためで、特に新薬を処方された場合には、従来からある薬を使う時と比べて高くつく傾向があります。又、患者によってはカウンセリングが必要となることもあり、その際には1時間あたり5千円から1万円程のカウンセリング料も負担することになるでしょう。薬物療法と同様、うつ病の症状の改善には精神療法も重要ですが、病院によってカウンセリング料が異なるのは法律等による特段の規定がないためです。そのうつ病も特に症状が重くなると食べ物も受け付けなくなったりするので、中には入院が必要となる患者も出てきます。入院すると入院基本料などが掛かる上、点滴とか経管栄養が必要ならその分の料金も発生するため、通院治療より高額にならざるを得ません。たとえ通院であっても低所得者には負担が少なくないはずですが、支援制度なども幾つか用意されているので、公的機関の窓口などで確認してみましょう。例えば会社員なら雇用保険による傷病手当金か厚生年金保険による障害厚生年金の何れかが受給でき、一定の要件を満たした国民年金の加入者なら障害年金があります。この他にも低所得世帯や重症の患者に一定額以上の治療費を免除したり、自己負担額を1割にまで引き下げる自立支援医療制度もあるので、活用すると良いでしょう。