うつ病の原因はストレス!症状を緩和させる方法とは

先生

まずは情報を集める

カウンセリング

不安を解消できるかどうか

納得のいく病院を選びたいと考えても、最初は手がかりがないもので、まずは、情報収集として地域の保健所、各都道府県にある精神保健福祉センターを活用します。基準となるのが、その地域の精神医療情報をもっともよく把握しているのか否かで、精神科をもつ病院やクリニックが得意とする診療分野などを問い合わせることが肝心です。また、インターネットで検索するのも一法で、候補となる医療機関が見つかったら、実際に電話やメールを出し、道順や診療時間などを質問してみます。対応が丁寧で、親切かどうかが確かめられるため、不安性のうつ病の症状の受け入れに適している他、実際に受診している患者さんの評判を聞くことで、かなり正確な情報が得られます。また、症状によっては、最初の段階でうつ病と気付かずに、内科などの一般診療科を訪れることが多いもので、それがかかりつけの医師であることもポイントになります。患者の生活背景や、うつ病になる以前の状態を知る医師であり、身体症状の影に隠れているうつ病を早期に発見してくれる可能性が高いと言えます。疑いを確信へと変えられれば、患者にとっては早期治療に繋がるため、紹介状を書いてもらい、今までの経過が分かるようにして新しい医師を受診します。このやり取りであれば、重複した問診や検査をしなくて済むため、強い不安が治療を困難にし、症状を長引かせる不安性うつ病に効率的でもあります。さらに最近では、企業でも内科を主とする産業医やメンタルヘルス専門医、カウンセラーなどを置くところも増えていますが、会社員であれば、そうした専門家に相談するのも適しています。そこから外部の医療機関を紹介してもらうことも可能で、初めて精神科や心療内科を探す際には、このように医師同士の連携によって紹介してもらうことが、安心で確実な方法です。そうした心あたりが全くない場合には、最寄りの市町村保健センターなどの公的機関に相談し、そこで、保健師や医師らによるアドバイスが受けられます。本人のみならず、症状に気付いた家族からの相談に応えてくれるのも公的機関ですから、医療機関に関する情報を周りも得ることができます。